この記事の信ぴょう性

この記事は投稿日時の段階で確認済みの内容をまとめた記事です。FXや仮想通貨歴7年以上 ビットコインが話題になる前から仮想通貨の可能性を感じて投資経験を持つ藤崎省吾が検証し、執筆しています。誤りや間違いがありましたらお問い合わせより気軽に声を掛けて下さい。

執筆者:Gen Co., Ltd.代表 藤崎省吾

スマイリー広告収入アプリやってる人絶対読んで‼️勝ち組だけがやっている!チート級に報酬を増やす為の秘密の方法
0xLSD(oxLSD)

0Xlsdは確実破綻!飛んだ!確定です。

0xLSDはどうなったのでしょうか?

このような問い合わせがあるので完結に記事を書いておきます。

結論いいます。

もう綺麗にあきらめましょう。

どれだけ戦略を練ってもお金が戻る事はありません…。

0Xlsdは確実破綻!飛んだ!確定

oxLSD破綻

残念ですが予想通り 0xLSDは破綻しました。

内部の事情や実態はどうでも良いのですが結論をいうと破綻してます。

 

流石に想像以上に早かったのは事実ですが

もともと永遠に続くわけがありませんので仕方無いと言えるでしょう。

0xLSDの破綻で学べること

破綻は、半年なのか1年なのか1週間なのか明日なのか不明ですが、永遠は、絶対にないのでその間にどのように稼ぐかを考えてやるものです。

ただ実際に僕の中で破綻が確定したのは、2月14日でした。

ただその後に2月の下旬に1度のみ運よく最後の出金も入りましたが…。

その後の資金はステークした額も利益も含めて、今、自分の手元にないものは0xLSDから払われる事は無いと考えましょう。

shougo
shougo
これは僕が保証しても良いです。払われる事や正常化する事もありません。お金は戻る事は100%無いです。

ここで言えるのは出金トラブルが起きた時点で完全にアウトって事です。

1円も出金できない0xLSD

飛んだと言ってもズームは繰り返すでしょうが、

実際は払われません。

何か出金制限で1000分の3だか4だとかは出金できるみたいな話を聞きましたが、手数料だけで消えそうな金額ですよね

飛んでないし正常化すると言いながらZOOMで活動をしているフリをする事で時間稼ぎと参加者の焦りと怒りを引き下げる為に継続して破綻した後も可能性をチラつかせているだけです。

「破綻しました」と言うより

「頑張ります。大丈夫です」と言い続ける事の方が簡単ですから。

しかも

ZOOMでしょう。

月に1度ほど1時間ぐらいの時間DANが中国語で喋るだけです。

残念ですが そんな与太話に付き合うだけ時間の無駄です。

案件が飛んだり投資で損をした時は、僅かな可能性に賭けたい気持ち分かりますが、生きてる時間の無駄遣いなので、もう切り捨てましょう。

割り切れないなら こんな案件やるべきではないです。

仮想通貨案件の勝ち方

基本的に0xLSDにしろ何にしても仮想通貨は、チキンレースのようなものです。

これはビットコインと同じです。

とくにハイリターンなものほどチキンです。

仮想通貨もそうですが運よくビットコインは高値つけたりしてますが永遠に上がる保証はありませんよね(笑)

ビットコインなどの仮想通貨と同じでいつ暴落するか?いつ破綻するか?飛んでしまうか?は、誰にも分かりませんからね。

DANの側近ならある程度分かっていたかもしれませんが。

唯一言える事は、常に先行者が有利になったり紹介者を出せる人が+@の利益になるので勝てるんです。

僕も0xLSDでは、自分の直紹介を全捨てしてやっていたので、普通に僕と同じで無双モードの人も多かった筈です。

無双モード=毎日出金 いつ破綻しても痛手が無い状態。

まさにこれです。

 

でも利益が出ていても管理画面の数字だけでは無意味です。

利確も大事

このような案件は利確も大事です。

毎日のように出金するのもその一つです。

 

明日飛ぶかもしれない…と考えてやるものなので

どれだけ資金が増えても利確してないと

そのまま離陸します(笑)

 

僕も過去に数千万単位で飛ばれた経験があります。

もちろん全部利益ですが(笑)

本当に痛い思いをして人間は賢くなる生き物です。

 

その為、より早い段階で、

「いつ終焉しても良いからね」

という状況だけ作る癖をつけると良いです。

このように考えて始めれば、どの案件でも損失は最小限になります。

もちろん「もう嫌だ」と思う人は、仮想通貨案件に手を出さない事も一つだと思います。

リサーチも大事

一応僕の場合は、始める時には、まず調べます。

案件の実態や信憑性は、殆ど無関係です。

大事な事は、ビットコインで言えば、どのぐらい買われてるか、どのぐらい売られてるか?

チャートを見る感覚です。

 

それを見て熱の入れ方を考えます。

お金がどのぐらい集中しているか?とかですね。

どんな案件でも中身よりも大事なのは ここだけです。

 

あとは自分が損しない為にどのように立ち回るか?

利確などの計算と戦略ですよね。

 

FXで言えば どれだけ取れるか?ですね。

何PIPS取れるか?とかよく言いますがあれに似た感覚です。

他は無関係です。

その案件の信ぴょう性だとか、そういう話は関係ないです。

エビデンスはあんまり関係ない サーテックとかで期待値高めるのはオワコン

そもそも0xLSDにはサーテックの審査がどうこうという話もありましたが、あれも以前に記事にしたかもですが、運用とは無関係であくまでも、、ブロックチェーン上のトークンのセキュリティなので日本で言えば、

「俺の家はセコムに加入してるぜ」

っていうだけの話です、、、。

セコムだと防犯は強いけど会社の経営は無関係ですよね。。

まあ僕としては、

セコムであろうと セキュリティソフトであろうと、

何もそこは関係ありませんでしたが(笑)

もちろん、参加してるか参加してないかは

「それを指標としている人が多いかどうか」と言う意味では、

今回のサーテック効果はあったのかもしれませんが…

最終的に、仮想通貨と同じで、誰かが得して誰かが損するのは当たり前です。

これはどの案件も同じです。

0xLSDはどうなるのか?sageAIとのコラボ?

0xLSDが今後どうなるのか心配な人も多いと思いますが、完全に忘れましょう。

SageAIもネタの一つです。

 

少し調べれば分かりますが、、、

自作自演で0xLSDが破綻した後に無理やり即席で作られたようなものなので、そこに期待値はありません。

 

これは覚えておきましょう。

 

こういう案件をやる時は、とにかく負ける経験も大事です。

何度も負けることで勝ち方が見えてきますからね!

「怖い!誰がやるか!」

と言う人はやらなければよいわけです。

 

これは投資でも

「リスクがあるからやらない」

というのと同じです。

 

でも何度も経験すると自分の中で必勝パターンが出てくるので、経験値の浅い人よりは勝てるようになります。

それでは 今日はこの辺で

広告アプリ登場